WELCOME

こちらは放生研の突然変異研究部門 クロマチン制御ネットワーク研究分野 井倉研究室です。

真核生物のDNAはクロマチン構造を形成しています。放射線などによるDNA損傷を感知し、DNA損傷応答シグナルを活性化するためにはセンサー蛋白質がクロマチンに結合することが必要です。従って、クロマチン制御機構の理解が真核生物のDNA損傷応答機構の解明には極めて重要です。私達は、これまでの放射線生物学の中で培われたDNA損傷応答の研究をクロマチン生物学から捉え直し、プロテオミクスや蛋白質科学との融合により、新たな学問分野として発展させていきたいと考えています。さらにこれらの基礎的研究から得られた知見を放射線発がんや老化の分子機構解明に発展させ、将来の医学研究にも貢献していく所存です。